京都樹脂精工は樹脂精密切削加工の可能性を追及し、
単品から量産品まであらゆるニーズにお応えします。

TEL:(代表)0774-48-2211 (営業)0774-43-7131
受付時間 : 平日09:00〜17:00
HOME > 加工技術

加工技術

発想の転換により樹脂に置き換えられる部品はありませんか?
弊社では樹脂の可能性を加工技術により追及いたします。

当社は、NC、MC機による精密機械加工やさまざまな加工方法による樹脂部品を製作しております。
このため数に関わらず経済的なコストで提供でき小ロットでもご納得いただける価格でご提供できると自信を持っております。
この特色をいかして、1個からの試作、モックアップ等の製作を得意としており金属加工レベルと同等な非常に精度の高い加工レベルを誇っております。
さらに配管系統の設計施工組立て制御まで一貫した製品の設計・製作対応が可能です。これはバラエティに富んだ数多くの実験プラントへの納入実績が物語っています。
また、最近では150℃にも耐える耐熱エンプラを使用してステンレスに変わる透明樹脂反応容器の製作を行い
0.5MPa(5kgf/cm2)という高い耐圧でも使用できた実績があります。

加工技術の紹介

最新の工作機械を用いた加工のみならず、約半世紀の間培ってきた汎用機や手作業による溶接、接着、研磨、サンドブラスト等の加工技術、この新旧技術の融合が当社の強みです。
大手上場企業様や大学・官庁とお取引きをさせていただいている当社は、さらなる技術革新をすべく常に挑戦をし続けております。
機械加工だけではなく熟練の手作業による加工ができるからこその技術、社内トータル加工ができるからこその技術がここにあると信じております。

フライス/マシニング加工
【アクリルのマシニング・フライス加工品】
フライス/マシニング加工

フライス・マシニング加工では板やブロック形状の材料からのドリル、エンドミルなどの刃物を使い、削り出しを行います。
3DデータやCAD CAMを使用して複雑な形状の加工も可能です。
透明度が必要なアクリルや塩ビ透明などでは、寸法通りに加工できていることはもちろん、内部が見えることが重要な為、仕上がりの美しさにも気を付けています。

モデリング加工
【人工心臓加工品】
モデリング加工

モデリングすることにより構造・形状解析や機能試験など検証をしていただくことが可能です。

旋盤加工
【PPS旋盤加工品】
旋盤加工

旋盤では円柱状の材料を回転させ、刃物を当てることで加工する機械です。
旋盤で加工する部品は、真円が出ていること、軸がズレていないことが重要です。
100分台の加工公差にも対応しており、加工後、3次元測定器や画像測定器により寸法確認を行っております。
またNC旋盤のプログラムを駆使することで、特殊なネジ形状の製作も可能です。

接着・溶接加工
【テフロン(PTFE)のPFA溶接加工品(ツギテ部分)】
接着・溶接加工

接着は溶剤を使い樹脂同士を溶かして接合し、(溶接は溶接棒をヒートガンで溶かして)接合します。
接着可能な樹脂は、PVC、ABS、PMMA、PCなどで、 弊社で溶接を行っているのは、主にPVC、PMMA、PP、PE、フッ素系樹脂(PTFE、PFA)です。
アクリルの接着強度を増す技術を開発し、0.5MPaの圧力に耐える耐圧水槽の製作・納入実績も豊富にあります。

曲げ加工
【ポリカボネート(PC)の曲げ、マシニング、接着加工品】
曲げ加工

樹脂に熱を加えることで曲げの加工を行います。
90°に曲げることはもちろん、加工治具を用いて、あらゆる角度の曲げ加工が可能です。また、板材を曲げることにより規格に無いサイズのパイプを製作することもできます。

彫刻
【アクリルへの彫刻、色入れ加工品】
彫刻

各装置の銘板、目盛り、名札や表札等、文字を彫る加工です。
彫刻した文字や目盛りに「色入れ」をして見やすくすることもあります。 また、彫刻機は細かな加工が得意なので、マシニングセンタでは難しい成型品への穴あけや、切り欠きの追加といった二次加工も行います。

染色
【透明アクリルの染色品】
染色

染料を使い、樹脂に着色をします。
ほぼ全ての樹脂に着色が可能で、染料が浸透している為剥がれの心配もなく、 形状の変化も起きません。
また、指定の色に合わせて調色が可能ですので、カタログに無い特注色の部品を製作することができます。

バフ研磨加工
【アクリルのバフ研磨加工品】
バフ研磨加工

樹脂の表面を磨くことで表面のツヤ、透明度を出すことができます。
表面へのバフ研磨だけではなく、透明のアクリルなどの内面へのバフ研磨を施すことによって流路確認等、可視化が可能となります。

サンドブラスト加工
【アクリルの加工品(左:サンドブラスト前、右:サンドブラスト後)】
サンドブラスト加工

樹脂の表面に砂のような研磨剤を吹き付けることにより、すりガラス状に仕上がります。
透明のアクリルにサンドブラストを行うと、ザラザラとした表面になり、直線的なLEDの光をやわらかく拡散をすることができます。

開発製品の紹介

透明アクリル製耐圧水槽
透明アクリル製耐圧水槽

従来はステンレス製でしか製作できなかった耐圧水槽を弊社独自の接着技術を用いて透明アクリル製で製作することを実現させました。
目視での水圧試験・水路配管のシミュレーション。流体攪拌の観察など様々な用途に対応が可能です。

加圧をしながら内部を観察できる可視化の要求に対して当社は独自の接着技術を持いてアクリルパイプを利用した耐圧水槽を製作しております。
用途は、防水用電子機器の耐圧試験から流体状況の確認用、深海の模擬実験、流体攪拌の観察などあらゆるシーンにご利用可能です。

【基本仕様】
耐圧:0.5MPa(5kgf/cm2)
容量:1~30リットル
対象物:水(常温)
付属品:リリーフ弁・水圧計

  
ご要望に合わせた製作が可能
ご要望に合わせた製作例

アクリルパイプはΦ100~400mmまで幅広くラインナップしており、注水・排水の取り合いからマニホールド、切替えコック、リリーフ弁、制御系まで一式で提供させていただきます。
長さも必要に応じ1,000mmまでの間で自由に設定が可能です。形状もノーマルのパイプ形状(円筒形)だけでなく、球体タイプ、外圧タイプ、三角錐を偏心させた形状などもモデリングマシンを使用することにより製作することが可能です。
耐圧もアクリルのみであれば1MPaですが、ステンレスで補強することにより、標準仕様の3倍程度の耐圧設計にも対応することが可能です。
その他、高温使用に耐えられるポリカーボネート製、耐薬品性に優れたテフロン製での製作にも対応させていただいております。
またこれら以外の特殊仕様についてもご相談に応じて設計・製作が可能です。

  

加工例の紹介

アクリル製サンプル(そろばん)
アクリル製サンプル(そろばん)
  

素材:アクリル
サイズ:8mm×48㎜×2.5mm
加工内容:マシニング・旋盤・接着・研磨
特長:小間の1つの大きさ(Φ2 高さ0.8 穴Φ0.45)、コマの数(100個)、そろばんピンの太さ(Φ0.4)

  
  
アクリル製サンプル(けんざん)
アクリル製サンプル(けんざん)
  
   

素材:アクリル
サイズ:18mm×18㎜×高さ15mm
加工内容:マシニング・研磨
特長:ブロック素材からの削り出し、針1本の大きさ(Φ0.4×10mm)、針と針のピッチ(1.6mm)、針の本数(121本)

  
  
アクリル製セル(耐圧製品)
アクリル製セル(耐圧製品)
  
   

素材:アクリル
サイズ:200mm×380㎜×高さ70mm
加工内容:特殊重合接着
特長:弊社独自の特殊接着により、各セルは0.5MPaの耐圧を持っております。

  

樹脂物性一覧表

  
材料名 記号 耐熱温度(℃) 耐薬品性 加工性 比重 価格比
(塩ビを1とした場合)
特長
アルカリ アルコール 切削 接着 溶接 曲げ
熱可塑性樹脂 汎用プラスチック 塩化ビニール PVC 60~80 1.43 1.0 加工全般にわたって行いやすい
塩化ビニール
(耐熱)
PVC-C 70~90 1.65 3.8 加工全般にわたって行いやすい
ポリプロピレン PP 100~140 × 0.91 1.3 多くのプラスチックの中でも比重が小さい
ポリエチレン
テレフタレート
PET 100~110 × 1.39 4.6 透明性に優れている
ABS ABS 80~100 長時間で
膨潤
1.04 1.8 機械的性質がバランスよく、汎用性が高い
アクリル PMMA 70~90 わずかに
変化
1.20 1.5 抜群の透明性
ポリエチレン PE 90~110 × 0.96 1.4 食品衛生性、低温特性に優れている
エンジニアリングプラスチック ポリカーボネート PC 130 おかされる物有 × 1.20 2.8 耐衝撃性、耐熱性に優れている
ポリアセタール POM 95 おかされる物有 × × × 1.41 2.1 耐衝撃性、耐摩耗性に優れている
超高分子ポリエチレン UPE 80 × × 0.94 2.0 耐衝撃性に最も優れている
ポリブチレン
テレフタレート
PBT 140 × × × 1.31 6.0 幅広い温度領域で使用が可能
MCナイロン MCN 110 おかされる物有 × × 1.15 4.0 機械的強度、耐摩耗性に優れる
6ナイロン 6N 120 おかされる物有 × × 1.14 2.5 エンプラ、繊維素材としても使われる
66ナイロン 66N 120 おかされる物有 × × 1.14 4.0 6Nより、耐熱性、機械的強度に優れる
ポリテトラフルオロ
エチレン
PFA 260 × × 2.12 45 耐薬品性に優れる
三弗化エチレン PCTFE 150 × × 2.10 77.2 成型性に優れる
四弗化エチレン PTFE 260 × × 2.14 13.0 耐熱性、耐薬品性に優れている
ポリエーテル
エーテルケトン
PEEK 250 × × 1.30 74.6 多くの機械的特性に優れ、耐薬品性にも優れている
ポリフェニレン
サルファイド
PPS 220 × × 1.35 16.2 耐熱性、耐薬品性、寸法安定性に優れている
ポリアリレート
(ユニレート)
PAR 120 おかされる物有 おかされる物有 × × × 1.21 4.3 耐熱性、電気特性、強度、寸法安定性に優れる
二弗化ビニリデン PVDF 150 × × 1.75 22.1 機械強度、耐摩耗性に優れる
熱硬化性樹脂 フェノール PF 150 × × × 1.40 3.2 絶縁性、耐酸性、耐熱性、耐水性が良い
エポキシ EP 150~200 × × 1.5~2.1 12.3 電気的特性に優れている

※保証値ではございませんので参考資料としてご利用ください。

よくある質問

図面が無くても大丈夫ですか?

対応可能です。現物をお預かりし、弊社にて寸法取りを行い、図面化させていただきます。フリーハンドによる図面でも問題ございません。
お問い合わせフォームにも添付が可能ですので是非ご活用ください。


どのくらいまでの精度が可能ですか?

プラスチックは収縮膨張しやすい特性上、精度が出しづらい素材です。材質にもよりますが「樹脂加工専門」として培ってきた当社の技術により3/100mm~5/100mmくらいの高精度を実現しております。ただし、すべての部品におけるすべての部分についてというわけではありませんので、図面上でご相談ください。


加工できる素材は?

切削加工は、一般的に合成樹脂(合成高分子化合物)やプラスチックと言われる様々な樹脂素材の加工が可能で、加工可能な素材形状は板材(シート材)や棒材です。ペレット(粒形状)、粉末、液体は未対応です。
接着加工は、主にアクリル(PMMA)、塩化ビニール(PVC)、ABS、ポリカーボネート(PC)です。
溶接加工は、塩化ビニール(PVC)、アクリル(PMMA)、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、フッ素樹脂(PTFE、PCTFE、PVDF)です。
曲げ加工は、主にアクリル(PMMA)、塩化ビニール(PVC)、PET樹脂です。 「角度曲げ」、「R曲げ」についてももちろん対応可能ですのでご相談下さい。


1個だけでも大丈夫ですか?

もちろん、対応可能です。1個から量産品まであらゆるニーズにお応えしております。

page top