樹脂精密切削加工の可能性を追及する当社は、単品から量産品まであらゆるニーズにお応えします。|京都樹脂精工|

>
会社案内

 

樹脂の可能性を加工技術により追求します。

当社は、NC、MC機による精密機械加工やさまざまな加工方法による樹脂部品を製作しております。
このため数に関わらず経済的なコストで提供でき小ロットでもご納得いただける価格でご提供できると自信を持っております。
この特色をいかして、1個からの試作、モックアップ等の製作を得意としており金属加工レベルと同等な非常に精度の高い加工レベルを誇っております。
さらに配管系統の設計施工組立て制御まで一貫した製品の設計・製作対応が可能です。これはバラエティに富んだ数多くの実験プラントへの納入実績が物語っています。
また、最近では150℃にも耐える耐熱エンプラを使用してステンレスに変わる透明樹脂反応容器の製作を行い0.5MPa(5kgf/cm2)という高い耐圧でも使用できた実績があります。

 

 

 

社 名 京都樹脂精工 株式会社 (Kyoto Jushi-Seiko Co.,Ltd.)
所在地

〒613-0031
京都府久世郡久御山町佐古外屋敷150
 >> 地図はコチラ

TEL:0774-48-2211(代表)
            0774-43-7131(営業)
FAX:0774-48-2212

設立年月日 1967年 2月15日
資本金 3,700万円
代表者 代表取締役 山下 直毅
従業員数 72名 (2013年2月15日現在)
事業内容

【樹脂加工部門】
・各種樹脂・軽金属の精密切削・旋削加工 及び 仕上げ加工
・各種樹脂特殊加工
・各種実験装置設計製作
【機器組立部門】
・小型精密機器組み立て

取引銀行 京都中央信用金庫 久御山支店
京都銀行 久御山町支店
三菱東京UFJ銀行 伏見支店
三井住友銀行 伏見支店
URL http://www.kyojushi.co.jp

 

 

 

1967年 2月 則内 茂 が各種プラスチックを材料とする工業部品の精密加工を営業品目として資本金300万円で京都市伏見区に設立
1970年 8月 アクリル特殊接着技術開発
1973年 2月 京都府久御山町に本社工場移転
1975年 5月 プラスチック染色技術開発
1980年 9月 オフィスコンピューター導入
1983年10月 マシニングセンター、NC旋盤の導入
1984年 6月 山下 哲明 代表取締役社長 就任
1985年 1月 工程管理システム稼働
1986年12月 第二工場新設
1989年12月 第三工場新設
1997年 5月 本社工場改築(全工場を集約再編)
1999年 3月 資本金を3,700万円に増資
2002年 2月 KES・環境マネジメントシステム・スタンダード ステップ2認証取得
2008年 1月 山下 直毅 代表取締役社長 就任
2012年10月 KES・環境マネジメントシステム・スタンダード ステップ2En認証取得
2017年 1月

ISO 9001:2008 / JIS Q 9001:2008 認証取得